好きな食べ物は果物なので朝と夜には必ず果物を食べます。

あと毎日欠かさず食べているのはヨーグルトです。

嫌いな食べ物はトマトです。

トマト

トマトはどうしても食べられないので
野菜ジュースで摂取したりしています。

朝は納豆とお味噌汁、お昼は野菜炒め、夜は焼き魚をよく食べます。

食べ物で最近気を付けているのは、添加物の多いものをできるだけ避けるのと濃い味付けにならないように注意すること、あとは外食は控えることです。


もし外
食する場合には、お店は慎重に選びます。

チェーン展開している安いお店は避けます。

自然食とか野菜にこだわっているお店とか、オーガニックのお店などを利用します。


値段は高いのでた
まにしか行きませんが、体に優しいものを取り入れたいので簡単に済ませられるお店には入りません。

特に中国産のものは避けたいので安いお店は避けます。

http://jidousyahoken-koushin.com/

賃貸住宅を引越す際には契約上、原状回復が求められます
原状回復というと借りたときと同様の状態にすることをいいますが、だからといって新築のようなピカピカの状態に戻せというわけではありません
通常使用による経年劣化など、生活していれば普通に生じる状態まで直さなければならないわけではないので、わざわざ専門業者を呼んでハウスクリーニングをしたり、住宅設備を自分の費用で修理する必要はないのです。

ハウス

最近は賃貸住宅を借りる際に支払う費用の中に、退去後のハウスクリーニング費用が含まれている場合もあります。

こうした場合には自ら頑張って掃除をしなくても、お金を払っているわけですから退去後にオーナーや不動産会社にお任せすればいいことになります。

とはいえ、いくらハウスクリーニング業者がキレイにしてくれるとはいえ、他人が驚くような状態のまま出ていくのは常識的ではありません。


仮にハウスクリーニング費用
を賃貸契約で支払っている場合も、最低限の掃除は行いましょう。


まず、原状回復との
関係ですが、窓から差し込んでくる日差しなどによりクロスや畳みなどが変色するのは仕方のないことです。

これに対してタバコで焦げた跡やヤニ、ペットなどのひっかき傷やお子さんの落書き、重量のある家具などで床などがへこんだり、傷付いた場合には敷金などからメンテナンスのための費用が控除されることがあります
ヘコミなど自分では補修が難しい場合でも、汚れた状態のまま返還するのと、少しでも見た目をキレイにした状態で返還するのでは印象も異なりますので、最低限の掃除は心がけたいものです
クロスやフローリング、畳などはクリーナーをかけたり、固く絞った雑巾で拭き掃除をするなどしてホコリと住まいの洗剤などで獲れる範囲で汚れを除去しておきましょう。

酢や重層など身近なものを使ってもキレイになることがありますので、低コストで掃除をしたい場合は工夫してみましょう。

浴室やキッチン、トイレなどの水回りは水垢や黒ずみ、黄ばみなどの除去が必要です。

取りにくい部分ではありますが、ドラッグストアやホームセンターなどに売っている、水回り専用のクリーナーなどを使えばある程度は落ちます。

こうした掃除用具は新居に行ってからでも使えるものですので、揃えておいても損はありません。

一方、マイホームの住み替えなどで中古住宅を売却したり、友人に譲ったり、貸したりする場合は原状回復といった縛りはありませんが、資産価値を下げないためや、次の方に気持ちよく使っていただくためにも、しっかり掃除をする必要があります
特に売却をする場合には不動産会社の査定にも影響を与えますので、しっかり掃除をしてから査定を受けるようにしましょう。

水回りのカビやクロスのカビや結露のシミなど、通常の掃除では落ちないケースなどはハウスクリーニング業者などに相談するのも1つの方法になります。


クロスの張り替えなどリフォ
ームまでは必要ありませんが、ハウスクリーニングレベルで落せる範囲の汚れは行っておくほうが無難です。


また、不
動産会社を通じて人に貸す場合も、掃除をしっかりして好印象を残すことに越したことはありません。

貸す不動産会社がリフォームやハウスクリーニングをしてくれるケースもありますが、その分、費用を取られたり、賃料などが安く抑えられてしまうケースもあるので、自分のできる範囲で良いので、水垢やカビの除去、汚れなどを取り除いておきましょう
親族や友人などに安く売ったり、安く貸すケースはそこまで徹底した掃除はしなくてもいいですが、価格交渉や賃料交渉の余地がある場合にはキレイにしておくのが賢明です。

また、好意で安く譲ったり貸す場合も、気分よく住んでもらうためにも最低限の掃除はしておきましょう。

絶対に損をしない引越し業者の選び方